Concept

Construction 工事のこと

concept2_top

conceptrogo1素材のこと

フラグシップでは、健康に、環境に、やさしい素材で家づくりをすることを大切にしています。
できるだけ化学物質を避け、使うことに意味がある素材、気持ちよく使うことのできる素材を選んだら、無垢の木材、土、紙、石、鉄など、古くからどこにでもある自然素材になりました。
時とともに色あいや風合いが変化して、何ともいえない『味わい』が出てくる自然素材は、時間が経つのを楽しくさせてくれます。将来、修理が必要になった時に、手に入りやすいこともおすすめできる点です。
s-concept2_1
富山の森に貢献するために
日本の森は、伐採に適した樹齢の木が放置されて、森が荒れる原因になっているところが少なくありません。伐採し、植林し、また伐採する森の循環を生み出して森を守るためには、木材を「使う」ことが大切です。
とやまの木・日本の木を適材適所に使ったいえづくりに取り組むことで、富山の、日本の森の循環に少しでも貢献できればと考えています。
県産材・国産材にこだわります
柱や梁などの構造材から床や天井などの仕上材まで、木材はできるだけ富山県産のスギ、国産の木を使うことにこだわっています。地元の森で育った木を使うと、気候に調和した家ができます。 木材を運ぶ距離が短くなるのでCO2 の排出量を減らすことができます。
構造材のうち土台には、スギより頑丈でシロアリの被害を受けにくい国産ヒノキを使います。
無垢材フローリングのここちよさを
室内の床には、無垢材フローリングをおすすめしています。さらっとして温もりのある足ざわり、爽やかな香りも気持ちいい素材です。 ふだんのお掃除は、掃除機をかけて、布で拭くだけ。少しの凹みなら水を含ませると元に戻ってくれます。
無垢の木材は、室内の天井や壁の他、水に強い種類の木なら洗面・浴室、外壁にも使えます。
s-concept2_2s-concept2_3
conceptsen

conceptrogo2性能のこと

家の性能は、「丈夫で長持ちすること、快適であること、省エネであること」が大切です。
特に、夏涼しく冬あたたかい家になるようにしっかり「断熱・気密」をすると、熱の出入りを抑えて冷暖房の効率がよい省エネの家になります。結露も防いで快適で長持ちする家につながります。 フラグシップでは、壁の中、柱の間の空間に断熱材を入れる方法を採用しています。
地盤、基礎、構造、断熱などは、できあがると見えなくなってしまい、簡単に取り替えのきかない場所。だからこそ、安全で確かな方法を常に研究しています。
s-concept2_4
屋根断熱と基礎断熱
天井ではなく、屋根材の下を勾配に沿って断熱材を入れる「屋根断熱」は屋根裏空間も有効に使うことができます。梁や小屋組みを見せるデザインも可能です。
また、床ではなく、基礎の内側に断熱材を入れる「基礎断熱」をすると、基礎コンクリートや土間床が冬は熱を、夏は冷えた空気を蓄える層となって、室内温度を安定させてくれます。
高性能サッシとペアガラス
熱の出入りの大半は窓からです。家の断熱効果を高めるため、より断熱効果の高い樹脂製のサッシ枠と複層ガラス(ペアガラス)を採用しています。
樹脂窓はアルミ窓に比べて断熱性能が高く、気密性・遮音性にも優れています。複層ガラスは、断熱性と遮熱性の高いガラスをあわせて空気層をつくり、断熱性能を高めています。
羊毛断熱材
壁の断熱材には羊毛(ウール)でできた断熱材をおすすめしています。断熱性能が高く、丈夫で、吸音効果もある素材です。空気を含んで膨らむので隙間なく入れることができます。
羊毛には調湿効果もあるので、水蒸気を含んでもダレることがありません。壁の中で見えなくなる断熱材こそ、健康にも環境にもやさしい自然素材が安心です。
躯体を結露から守る「通気工法」
外壁の構造材と仕上材の間にスペース=通気層をつくると、上下の温度差によって自然と空気が上に流れます。これで壁の中の水蒸気を逃がして、土台や柱の結露を防ぎます。
屋根には、屋根の骨組み・垂木(タルキ)をかさ上げして通気層をつくり、屋根の中の暖かい空気を棟から逃がします。もちろん雨は入らないしくみです。
地盤調査は設計のはじめの一歩です
十分な地耐力のある地盤と、性能の確かな基礎が一体となることで、地震や風の力に耐えられる、丈夫な家になります。
地盤の固さにバラツキがあると、建物の重さで部分的に沈む「不同沈下」が起きてしまいます。これを防ぐため、すべての物件で地盤調査を実施します。調査結果を分析し、必要に応じて地盤改良を行っています。
強度と安定性を備えた「べた基礎」
べた基礎は、建物の荷重を床面全体で均等に地盤に伝えるので、不同沈下のリスクを抑えることができます。底板には地面からあがってくる湿気を防止し、しろありの侵入を防ぐ効果もあります。
より強い基礎にするため、立ち上がりの鉄筋端部をフック状に。床下にもぐって点検できる空間を確保した立ち上がり高さにしています。
conceptsen

conceptrogo3技術のこと

どんなに性能が高い設備を選んでも、どんなにデザインの美しい設計をしても、安全で品質の高い工事に結びつかなければ意味がありません。現代の住宅工事は、昔に比べて現場での木材加工などは減っていますが、多種多様な専門工事が絡み合って複雑化しています。工事の舵取り役である工務店には、工事管理の能力が求められています。フラグシップは、常に工事の「現場」を大切にし、技術の向上に努めています。
そして、職人さんの高い技術を絶やさないよう、次世代への継承に取り組んでいきます。
s-concept2_5

conceptrogo4保証のこと

自然素材を使ったフラグシップの住宅は、時間が経つにつれて、スキマやゆがみ、色が変わったり、といった変化が起きます。毎日のお掃除や、季節ごとのお手入れとともに、こうした変化にもまずはご自分で対処していただけるよう、ていねいにアドバイスいたします。
とはいえ、大切なお客様の暮らしに不具合が起きるようなことを、放っておくことは決してありません。お引渡し後は、定期的に点検・メンテナンスに伺います。構造と雨漏れについては、保証期間が10年の「かし保険」に加入しています。
s-concept2_6