Concept

Design 設計のこと

フラグシップ コンセプト

concept_tree自然の力を上手に使って「やさしい」家に

家の中や外にある熱や空気の流れを正しく読みとって活かすことで、自然のエネルギーを最大限に利用することができます。 最小限の設備で家の中を心地よく保ち、エネルギー消費量を小さくするためにとても大切なことです。
フラグシップでは、人にも環境にもやさしい家をめざして、その土地ごとの日あたりや風向き、地面の高低差や道路とのつながりなど、さまざまな条件を活かす設計を心がけています。
s-concept1_1
軒と庇で光と風をコントロール
適度に軒を出すことで、夏は室内に強い陽射しが入るのを遮り、屋外には日陰をつくります。冬は太陽高度が低くなるので、軒があっても室内には光がさしこみます。窓に少しの庇があるだけで雨がふきこみにくくなり、湿気がこもりやすい時期も、窓をあけて換気をすることができます。
光と風を呼びこむ窓のチカラ
その土地ごとに、時間帯や季節によって高い頻度で吹く風があります。その風向きをよみとり、最大限に活かせるように窓の位置や数を決めます。室内の熱を、夏は外へ逃がし、冬は失わないよう、大きさやカタチにも注意と工夫が必要です。窓から見える風景や、外からの視線にも配慮しています。
空間をつなぐ吹抜けと階段
吹抜けや階段は上下階をひとつの大きな空間にしてくれます。光が届きにくいところを減らし、風や空気が循環するので上下階の室温差を小さくすることができます。上下の空間が緩やかにつながるので、いつでも家族の気配を感じられます。視線が上に抜け、空間を広く感じさせる効果もあります。
conceptsen

conceptrogo5シンプルな設計を

住宅の設計はできるだけシンプルな方がいい、とわたしたちは考えています。
家族は、一緒に暮らす人数が増えたり減ったり、暮らし方が変わったり、どんどん変化していくものです。
変化を受け止めることのできるおおらかな空間。作りこみすぎない余白のある空間。メンテナンスのしやすい素直なかたち。
シンプルであることは、家を永く住み継いでいくための大切なポイントです。

小さいこともいいことだ
富山県は住宅の面積が大きいことで全国的に知られています。でも、暮らし方が変化して使わない部屋ができたり、手入れが負担になったり、最近では家が大きい故の悩みを抱えている方も少なくないのではないでしょうか。今の時代に家をもつということは、これまでの暮らしの価値観と向き合うことなのかもしれません。
わたしたちは、一昔前では小さいと感じられた大きさでも、設計と暮らし方の工夫次第で、ゆったりとした居心地のよい家ができると考えています。 高さ、視線の抜け、光、風、音、色など、 空間の広がりを決める要素が床面積だけではないことに気がつくと、家づくりはもっと自由で楽しくなります。
小さいこともいいことだ
conceptsen

conceptrogo6家具・照明・庭までトータルに

心地よさと使い勝手のよさのある住宅は、がらんどうの空間だけでは実現しません。
暮らしに必要なものは、きちんと予算を配分し、デザインして整えることがとても大切です。
フラグシップでは、造作家具・照明・庭までをトータルに提案しています。
ソファやテーブルなどの選び方や、重要なのに忘れがちなカーテン・スクリーンもアドバイスします。
大工さんとつくる家具や収納
使い勝手がよく、家の雰囲気にあった家具や収納は大工さんがつくります。持っているもの・使いたいものに素材やサイズをあわせたり、限られた空間も無駄なく使うことができます。既製品をくみあわせてコストを抑える工夫もしています。
ちょうどいい明るさを
おちついた心地よい空間を演出するには、照明がとても大切。場所と役割にあった大きさ・明るさの器具を選んで、「ちょうどよく」配置することがポイントです。明るすぎると、広さを感じられず、エネルギーの無駄づかいになってしまいます。
庭で暮らしを豊かに
アプローチや玄関廻り、外構や庭は、家の顔となってまちとつながる大切な場所です。庭に植えた樹木は夏の陽射しや強い風を遮ったり、季節の移り変わりを感じさせてくれるもの。窓から見える緑、土や草花に触れることにはリラックス効果もあります。