Works > Re-05

Re-05


4世代が快適に暮らすために、築約40年の家をリノベーション。細かく仕切られていた部屋は、断熱改修と構造躯体の補強によって、オープンな空間に変わりました。光の届きにくかった場所に吹抜けを作って光を落とし、畳小上がりのあるリビングに。北向きのダイニングキッチンは、ウッドデッキにつながる大きな窓の効果で明るく気持ちのいい場所になりました。新しいリビングは既存の座敷とのつながりが生まれて使い勝手もアップ。集まったご親戚にも寛いでほしい、というご家族の想いのこもったリノベーションになりました。外壁にはお施主さまご家族がDIYで塗装した県産杉を張っています。
※写真をクリックすると拡大します


白漆喰と杉の下見板張りの外観は、既存部分にも、地域の景観にもなじむ美しいデザイン。 玄関の引分扉は造作で。暗くなりがちな玄関廻りも白い珪藻土クロスで明るくなりました。 キッチン横の土間に薪ストーブを。デッキを介して庭や薪棚へアクセスします。 廊下をなくして大きなリビングダイニングに。断熱改修+耐震補強で実現しました。 新しくなったリビングダイニングは、既存の座敷とつなげて使うことも。南側の庭まで視線も風も通るプランです。 リビングには約3畳分の畳小上がり。洗濯物を畳んだり、寝転がったり。畳下には引出物入もつくりました。 2階の床を一部吹き抜けにして、光の届きにくい部屋を明るく。2階とのつながりもうまれて開放感が出ました。 吹き抜けの上部は障子で閉じられます。不快な空気の流れを止めて冷暖房の効率アップ。

DATA

構造 :木造2階建て
改修床面積 :1階113 ㎡ 2階 46㎡ 計 159㎡(48坪)
外壁:杉無垢下見板張り+ガルバリウム鋼板+白漆喰
室内床:杉無垢フローリング
室内壁・天井:珪藻土クロス、炭漉き和紙、杉無垢羽目板
造作:キッチン作業台、本棚、洗面台

Blog リンク

 ⇒このリノベのストーリーはこちら